介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校について

老人が増えてきた現在において、世話をする側の高度な技術が必要となり、現在では様々な介護の専門学校が建てられています。専門学校なので二年間みっちり学んで国家資格を取れるというのがこの学校の魅力です。しかし介護法などの改正によって、以前は卒業試験が国家資格と認められていた学校も、現在では、地方で行われる試験に参加し、実技も受けて合格すると初めて資格を得られるというのが主流のようです。学校ではほとんどが介護の知識を学びます。授業以外のカリキュラムでは実技が行われ、学んだ知識を、施設の現場で実習することも行われます。単位制なので、授業、実技の単位が取れなかった場合、留年となりますし、国家試験受験の資格を得られませんので、全ての授業の参加は必須と言えます。実技の場合、施設実習がありますがこれは学校を受け入れてくれる施設で行います。

学校の授業料はおおよその準備資金として、200万前後を見込んでいた方が良いと思います。やすくで通える学校があればこしたことはないので、ネットなどで事前に調べておくと良いでしょう。入学前に行われる入学試験についてですが、一般試験とは少し違う試験になるので、これも通いたい学校について調べる時についでにみておくと良いでしょう。国家資格を持っていれば就職にとても有利ですので学んでみると良いですね。

【参考】