介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校について

少子高齢化という社会的な問題が年々申告する中、高齢者福祉の需要も並行してどんどん高まっています。しかしながら高齢者のためのデイサービスや入所施設はあるものの、その人手不足も問題となっています。自治体によっては介護サービスを実施できる機関や人手が足りない事によって、既に払っている介護保険の料金を使いきれない程度しかサービスを受けることができない場所さえあるのです。このような状況の中で介護サービスの担い手自体の増加が社会的にも望まれています。そしてそのようなサービスの担い手を教育して養成するための機関が介護の専門学校です。

介護の専門学校は専門学校ですので、2年間の過程となります。一般的な4年制の大学に比べて短いですが、その分だけその2年に必要な授業を凝縮しているので、密度の高い2年といえるかもしれません。介護の専門学校を卒業することによって、国家資格の一つである介護福祉士の受験資格を得ることができます。これは介護の仕事をする専門家としてのスキルを担保するためには必須の資格といえます。またいくつかの介護の専門学校では介護福祉士の資格を持ちながら、出産や子育て、家庭事情などで休職していた介護士さんが復職する上で大切な研修なども行っている場所もあります。

【参考】