介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校で資格を取ろう!

高齢化社会の現在では、医療機関や福祉施設が増えてきています。それだけ医療従事者や介護職員も必要とされてきているので、介護の専門学校を卒業しておけば資格を取得することが出来ますし、就職にも安心です。介護の資格には、介護福祉士や介護職員初任者研修という旧ホームヘルパーの資格、ケアマネージャーや社会福祉士など様々です。介護の専門学校を卒業すると、介護福祉士の資格を取得することが出来ます。通常は、実務経験3年で介護福祉士の試験を受ける受験資格が与えられます。その試験も筆記試験と実技試験とあって、合格率もそれほど高くないので一発で受からない場合もあります。

専門学校なら、充実した校内での実習と福祉施設での実習などを受けて実践力を身につけていきます。利用者の気持ちを理解して受け入れること、移乗介護やベッドメイキングなどをしたり、校内では最新設備を整えた現場をリアルに再現した環境も整っているので、技術を細かく習得していくことが出来ます。

介護の仕事をする現場はデイサービスやグループホーム、特別養護老人ホームや老人保健施設など多様です。それぞれの現場では違った技術が求められるので、臨機応変な対応や知識が必要になります。大変だけど、とても遣り甲斐のある仕事なので私はずっとこの仕事を続けていきたいです。

【参考】