介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校で基礎から介護のプロをめざしませんか。

超高齢化社会を迎える日本は、高齢者の増加に伴って福祉の充実が求められています。医療業界でも現在職員不足が続いていますが、社会福祉関係、特に患者さんと直接関わる介護者は絶対的に不足しており、今後の活躍の場が多い職種といえるでしょう。福祉の仕事は高齢者や障害者など福祉分野で広く求められています。事務作業と違って直接患者さんや介護を必要とする方と関わる仕事ですから責任も重く、体力的なサポートで肉体労働が伴うこともありますが、非常にやりがいがある仕事でもあります。介護職員の仕事は資格の有無で大きく給料に差が出ますので、専門的な知識をしっかり身に付けて資格を得るためにも介護の学校で専門的な知識や技術、豊かな感性と人間性を身につけて介護のプロを目指してみませんか。

資格を取るには幾つかのルートがありますが、経験が全くなくこれから介護福祉士を目指す場合。介護の専門学校では介護福祉士の受験資格を得るために基礎から実習まで幅広いカリキュラムがあり、2年以上通うことで介護福祉士資格を得ることができます。受験も面接、作文だけというところも多く、強い意志があれば2年で資格を得ることが可能です。

介護の勉強は仕事上の知識としてだけではなく今後家族のだれかが介護を必要とした時などにも大きく役立つ知識と経験を得ることができます。将来性もある仕事ですので資格取得を考えている方はぜひチャレンジしてはいかがでしょうか。

【参考】