介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校へ行く前に

介護の仕事に就きたいのなら看護の専門学校へ行き介護の資格を取得する事は決して損にはならないでしょう。介護の仕事は将来性がある仕事です。日本は今後超高齢化社会に突入しますから、介護の求人は多いのは確かです。人の役に立つ仕事ですし、やりがいのある仕事である事も事実です。しかしながら介護の仕事に就く前に知っておいてもらいたい現実があります。介護の求人は多いと先ほど言いましたが、それは高齢化社会で老人が増えているからという理由ももちろんありますが、それ以上に介護の仕事を辞める人が多いため辞めた人の補充として求人が多くなっているのです。

なぜやりがいを求めて介護の専門学校を卒業したのに辞めてしまうのか?というとまず介護職の賃金がその労働の大変さに見合わずに安いからです。急激に進んでしまった高齢化社会に日本は対応出来ず介護職の職場環境は整ってはいません。赤字の施設も多く人件費を削るしかないという状況の中で、この給料では生活出来ないと辞めていく人、そして介護は体力勝負の仕事でもあるので身体を壊して辞めていく人が後をたちません。もちろん今後介護職が働きやすい労働環境に改善されていく事が一番望ましい事ではあるのですが、そう急激に改善が進む事はありませんから、介護職に就きたいと考えている人はボランティアでも構わないので介護の専門学校へ行く前に介護という現場を自分の目で確認してみて下さい。