介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校は実習が盛りだくさん

介護の専門学校の学生は、高校卒業後の20代はもちろんのこと、社会人経験者や主婦なども多く年齢差も大きいそうです。そして、介護のプロとして専門的で基本的な知識や技術を学ぶところです。講師は、介護経験者がほとんどだそうです。ほとんどの学校で介護福祉士の資格取得ができます。

そして、介護の専門学校は、実習がたくさんあります。それは、介護の現場(施設)で、実戦力や応用力を鍛える為です。介護は、人相手の仕事であり、学校の実技演習や教科書で学んだ知識だけでは通用しない分野が多くあります。なので、現場で、実際に経験することで、今後、介護の分野で続けていけそうなのかなどといった適性を確かめたり、実戦力を鍛える場になります。

実習は、実習中はもちろんですが、実習前後もとても重要な学びの場となります。事前準備としては、現場で失礼のないように、基本的な知識や社会人としてのマナーを身につけておいたり、実習に対する目標などを考えます。実習後は、お礼状を出したり、まとめをして、現場で体験したことを基に、足りない部分を補講したり、今後、自身はどんな介護福祉士になりたいのかを考えた上で就職活動を進めていくことに繋げていきます。

【参考】