介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校で学ぶことで

介護の専門学校について

介護の専門学校を調べてみるとだいたいが福祉と言う扱いになり、福祉に関する色々な分野の内の1つとしてコース分けされています。そのコース分けされた中でも更に科が分かれており、介護の場合ですと例えば介護福祉士科やケアワーカー科などがあります。また学ぶ時間帯も選ぶことが出来るところがおおく、学ぶ側としてはとても良心的だと感じました。専門学校は高校生や大学生が進路先として選ぶケースが多いですが、社会人でも学ぶ機会が得られる場所だと思います。特に夜間コースがあると働いている人は学びやすいと思います。専門学校のほとんどに入学試験がありますが内容としては一般常識の問題が中心的です。語学学校の場合は学ぶ語学の試験も同時に行われる場合がありますが介護の学校の場合は特別な問題はほとんどなさそうでした。高校くらいの学力があれば合格はできるそうです。費用についてですが2年間でだいたい300万円くらいかかるようです。

この費用の中には入学金や授業料はもちろん実習費の他に演習費などが含まれています。時間帯が夜間の場合は学ぶ時間も昼間に比べて短いので少し安くなっていました。資格を取る際は演習費にその費用が含まれているそうなので試験事の出費の心配はなさそうです。

【参考】